洋上風力発電事業

三菱商事エナジーソリューションズ株式会社を代表とするコンソーシアムは、2021年12月24日に、海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律に基づき、秋田県能代市、三種町及び男鹿市沖、秋田県由利本荘市沖(北側・南側)、および千葉県銚子市沖の3海域において、洋上風力発電事業を担う事業者として選定されました。2022年7月1日より、当社が当該事業を三菱商事エナジーソリューションズ株式会社より引き継ぎます。
2050年のカーボンニュートラル社会の実現に向け、主力電源として期待される洋上風力発電事業に関し、日本における洋上風力産業の成長・競争力強化に貢献すると共に、広範で強靭な国内・地域サプライチェーン構築により、雇用機会の創出と国内・地域経済の活性化を目指します。日本のみならず、世界のカーボンニュートラル実現を支えていくというビジョンに基づき、競争力ある再生可能エネルギーの供給を通じて、国内産業基盤全体の成長・競争力強化にも貢献して参りたいと考えております。
また、持続可能な漁業支援体制の構築、地域産業の振興と雇用の創出、住民生活の支援など、地域の活性化に繋がる共生策につきまして、各地域の皆さまや協力企業のご協力を得て、実行に取り組んで参ります。

洋上風力事業

地域の活性化につながる共生策・イメージ図